妊活応援ブログ

池田麻里奈

第1回

「子供はまだ?」って言わないで

はじめまして、妊活応援ブログを書くことになりました池田です。

結婚は28歳。一般的にも「若い」に入る28歳、子どもをすぐに授かるだろうと自然に考えていました。
そこから長い不妊治療をすることになるとは・・・・
今年で、治療を始めて10年です。これを区切りに治療をやめるために「子育てへの大きな想い」をどうするか、日々考え中です。

この長い治療の間にたくさんのことがありすぎました。ここで少しずつ綴っていきます。
これから不妊治療を始めようと思っている人、不妊治療がうまくいかない人、やめようかなと思っている人に届きますように。

「子供はまだ?子供はまだなの?」
親や親戚に顔を見る度に言われ続け心身共に疲れていた頃。

結婚してから2年が経つけれど、子供ができない・・・と不安になった。
不妊・・・?

ネットで検索してみたところ
「結婚してから2年子供ができないと世に言う不妊と呼ぶ」とある。

(編集部注※先日、日本産科婦人科学会より定義は「1年」とするとの発表がありました)

「基礎体温を計って狙い打ちしたら妊娠したよ」というお友達の話を聞いて、
婦人体温計を購入し毎日測ることに・・・

低温期と高温期が2週間ペースで分かれて、
排卵日は「この辺り」というのはわかるけど、はっきりはしないことも多々。
体温は少しの動きで上昇するので、毎朝同じ時間にそっと手を伸ばし体温計を舌の下へ挟む、身体をビクリともさせず、じっと待つこと3分。この姿、なんとも可笑しげです。何度も寝落ちして体温計があっちこっち行方不明のこともしばしば。ちょっとストレス。

基礎体温を計って排卵日を計算して、夫婦生活をもつことを「タイミング療法」と言います。

友達の中には、この子は1回でできちゃったわ!という人もいて、
我が家でもすぐにできるさ~!とお気楽に考えておりました。

でも、全然babyはできず、月日は流れ、
3ヶ月くらいすぎて、ちょっと排卵日が苦痛になってきた。

なんでこうなるのだろう、と悩む日々。
体温が急に下がりリセットされた日はホントにブルー。2週間の期待が一瞬で現実に戻され、落ち込むばかり。
誰と悲しむこともなく、ひとりぼっちで孤独な日。

タイミング療法は、不自然な性生活を強いられるため欧米などではおすすめしないケースもあると聞いたのはずっと後の話。
夫婦の自然な関係が崩れ、排卵日が「作業的」にどんどんなっていく。ただ、子供が欲しいのは変わりないので、頑張るしかない忍耐の日々は続いた。

新婚のうちに子供ができていれば、こんな悩みは無いはずなのに、と過去を悔やむ。
周りでは次々に妊娠、出産。子供は成長をしていく。

そんなに仲良くない親戚や、滅多に会わない人にまで、せかされ、「まだなの?」と言われる。
だから努力しているのに、そんなに悪いことをしているのか、と悲しくなってしまう。

「今日は卵の日だから早く帰ってきて」とお願いしている自分が虚しい。
まるで私が仕切っていて私だけが子供欲しいみたい、と感じるようになった。
自分だけが頑張っている、でも自分だけ周りには文句を言われる。

問題があるのは女性、という偏見がまだ社会にはあって、その事でどれだけ傷ついているかは同じ女性でも気づいてもらえず、「まだ?」と聞かれることがある。

そんな険悪な排卵日を幾度も過ごして、もっと険悪になるリセット日
どんどん夫婦仲も良くない方向に行き、「少し休もうよ」と夫に言われた。

夫婦自体の存続も考えながら・・・
本当に子供が欲しいのか、この人の・・・とか
色々考えてしまう。

「3年目の結婚記念日までに妊娠しなければ、病院に行こう!」と二人で決めました。

ズルズルと今月こそは!今回こそは!と祈っていても、月に1回の日を繰り返し1年があっという間に過ぎてしまったため、医療の力を借りよう、と。
もう二人では限界だったのが大きな理由。
そして、検査をすれば何らかの問題が判明するかもしれない、となんとなく思っていました。

二人のうち、どっちかに問題がある、そう思い始めていた。

唯一、友達に顕微授精をした人がいます。3年子供ができず、病院に行ったら原因判明。人工授精も無理な状況だったため、顕微授精を実施。1回目で成功し、息子が生まれたのよ!と話てくれた。

“子供が欲しいけれどできない“という思いを他人に話せたのはこの女性が初めて。
いくら今までに子供はまだか?!とせっつかれていても、その人たちには相談をしようとは思わなかった。この友達ならば、「子供ができない」ということを経験しているから多少は悩みを共有できるかなと感じた瞬間だった。

不妊外来に行くことはこの時代異常ではない、行かずして空回りしているなら、何か原因が見つかるかもしれない!!!という希望が見えた気がしました。

つづく

はじめての不妊治療

はじめての不妊治療の方に向けて、「不妊治療とは」「セルフチェック」「不妊治療の流れ」「治療方法」「運命の病院に出会う5つのコツ」「初めて体験」「パートナー(男性)の不妊について」「不妊治療用語集」をまとめました。

特定不妊治療費 助成金情報


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2016 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.