妊活応援ブログ

池田麻里奈

第13回

子ナシは肩身が狭い!

オトナの土ドラ「ノンママ白書」見ていますか?

ノンママとは子ナシ女性のことで、50歳を目前にした子ナシ女性の物語です。
ノンママには定義があり、自ら子供のいない人生を選んだ、もしくは気付いたら子供を産むチャンスが過ぎていた女性のことらしいです。なので、子供がほしかったのにママになれなかった女性(あきらめ型)は正式に言うとノンママではないらしい。ただ、他人から見ると、その夫婦の本心や背景は見えないため、世の中はママとノンママに分かれるのかな、って思いながらドラマを見ています。

私が前向きに不妊治療を頑張っていた30代には、子供を授かることしか頭になく、モチベーションを保ち通院するのが精一杯、”もしも子供が授からなかったら”という未来を考える余裕も理由もなく、アラフィフのことは想像できなかった・・・しかし、40歳を超え、もはやドラマの中の会話、状況は遠くありません。
主役の鈴木保奈美(49歳)が部下から「子供を産んでいないからあなたにはわからない」と言われるシーンがあり、鈴木保奈美は泣いてしまうのだけど、見ていて悔しかったな〜。
はっきり言って子供の有無だけで判断されるのはとても悲しいこと。親は子育てでたくさんの経験をしますよね、子供から多くのことを学んで、子も親も成長する、何かを育てるという素晴らしい経験はかけがえのないものです。それには私も同感です。
でも逆に、子供がいないから成長しない、一人前ではない、という言い方はどうかな・・・日頃の悲しい虐待ニュースなどからわかるように「親だから」「子供がいるから」という主語では成り立たない、説明つかないことが山盛りのはずです。

ワーママは、仕事も育児もなんでもできちゃう立派な人、
ノンママは、自分勝手に自由に楽に生きていて、社会のことはちっとも考えていない、
という、なぜかそんなイメージなのだろうか。
子アリと子ナシが比較される時代に突入したなら生きづらいです。

私の周囲ではどうだろう。子ナシハラスメントがあるだろうか。
去年の夏のある一件を思い出しました。
周囲の人って友人・知人だけではないですよね。
プチ女子会で鰻を食べに行った時のこと。贅沢な食事にテンションも高め!楽しく食事をしていたのですが、隣の老夫婦がやけに話しかけてきて、他にも美味しい店があるとかほぼ自慢話だけど教えてくれました。
しばらくすると、そのご老人が突然何を思ったか、
「ところであんたたち、子供はいるのかい?」と聞いてきたのです。
続けて、「できれば子供を産んで欲しい」と言われマシタ!!!(なんであなたに言われるの!)
てんてんてん・・・
赤の他人にも言われちゃうんだな〜〜〜

一体私たちを何歳だと思っているんだろう。どこからどうみても・・・40代
白内障で私たちが20代だと見えたとしても(ありえないけど)、背景の全くわからない他人にそのようなことを言うのはいかんと思います。高齢者と子供を大切にしましょうと言いますよね、大切にしたいです。子供は間違っていることや知らないことは教えてもらいます。経験を積んだ高齢者だとしてもそれは同様。
「子供を望むために努力をしたけれど、結果授からなかった。子供を産みたいという思いを抱えて生きています。気軽に投げかけられるそのような言葉で幾度となく傷ついてきました。」
と伝える必要はあったのか。次の被害者を減らすために・・・
鰻屋で言うわけないですよね。

運悪くか運良くか・・・鰻を食べている我々は全員が不妊治療経験者。気持ちを分かち合った仲間でした。でも状況が違ったり、女子会のひとりだけ子供がいないケースだってあります。流産した後だったら、不妊治療の判定が陰性直後だったら・・・。その時には赤の他人の一言とはいえ、大きなダメージを受けるでしょう。考えるだけで爺さんの言葉の恐ろしさを感じます。爺さん!わかってる?!

さて、ドラマ「ノンママ白書」を3話まで見ました。肩身の狭い思いをしているシーンはまるで自分の将来を覗いているみたいでしんどくなります。ぜひ、今後の展開は明るい方向に向かって欲しい。
私は、ノンママが自ら子供を産まない選択をしたとはいえ、我が子からの愛や笑顔を受けることがない分、他の事柄で幸せを感じてほしいな、たくさん笑顔になって欲しいなって思います。自分の将来も含めた願いかな。

お知らせ

月に1度、みんなで語る「コウノトリの会」を開催。
テーマは「養子縁組」「不妊」「流死産」
詳しくはコウノトリこころの相談室HP(http://kounotori.me/)までお問い合わせください。

はじめての不妊治療

はじめての不妊治療の方に向けて、「不妊治療とは」「セルフチェック」「不妊治療の流れ」「治療方法」「運命の病院に出会う5つのコツ」「初めて体験」「パートナー(男性)の不妊について」「不妊治療用語集」をまとめました。

特定不妊治療費 助成金情報


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.