妊活応援ブログ

池田麻里奈

第18回

妻のサイン、夫には届いていないぜよ

女性はサインを出している!?

先日「モシモノふたり」というテレビ番組で、離婚した芸能人が集まって赤裸々トークのホームパーティをするという、ザ・バラエティな番組がやっていました。・・・芸能人はいろんなことをネタにしないといけないので、大変です。

出演は高橋ジョージ(2016年に三船美佳と離婚)と、つちやかおり(2014年にふっくんと離婚)。他人の離婚話なんてどうでもいいって言ってしまえばそれまでですが、大事なことも言ってましたので、考えてみましょう。

それは、つちやさんが「8年前から離婚のサインを出していた」という発言。
え!8年も!!!!かなり長い事。

どんなサインを出していたかというと、「車の助手席ではなく後部席に乗る」「ご飯食べたら子供の部屋にこもる」「布川ではなく旧姓のつちやで仕事がしたいと訴える」というもの。

まさかこれが離婚のサインとはね〜。高橋ジョージさんは、すかさず「それをわかる男って1人もいない!」と反論してました。「サインを察してよ!!」という女性に対し、「そりゃ難しいよ!」という男性の平行線の会話が続きます。

妊活中の妻は何を考えている?

さて、妊活の話にうつしましょう。

妻のある1日
朝から不妊クリニックの待合室にいる。いつ終わるか、いつ呼ばれるか、今か今かと待ち続けること2時間、ようやく呼ばれる。つらいエコー診察も今月5回目、いったいいつまでこんなことを続けるんだろう。卵胞チェックをすると薬の反応が悪くあまり育っていないと医師に告げられる。原因はわからない。このままだと体外受精ができるか、運良くここから育って採卵できても卵子の数が少なく、受精卵になる確率は低い。注射をして会計でまた待つ。明日も注射だ。会社に戻り遅刻したことを謝罪。午後出社なのでバタバタと取り戻すように仕事を片付け、帰宅。スーパーで夕食の買い物をして食事の用意。卵胞が育つかどうかを考えて頭の中はいっぱいに。準備ができた頃、夫が帰宅して一緒に食事をする。

妻「今日病院でね」
夫「うん」
妻「卵胞が育っていないみたいで」
夫「そうなんだ、で、どうするって?」
妻「注射を追加するから明日も来てくださいって」
夫「そっかー」

夫婦の日常の会話ってこんな感じになりがち。(スマホいじりながら生返事するのは論外ですよ)この夫の対応どうですか?悪くはないけれど、妻の感情の部分は言えてないし、聞き出せてないよね。これが、ズレを生みます。

「で、どうするって?」っていう夫の投げ掛けは男性にありがちな解決志向が出ていて感情と別の遠いところに話がいってしまう。やっかい。妻は不安な気持ちを全然ここで(言葉では)表してません。

夫側からすると「言わないとわからない」って主張はあると思うけれど・・・男性諸君、よろしいか。

妊活中は、24時間365日女性は不安です!!

子供がいつできるのか、そもそも子供ができるのか、暗闇の中を歩いています。何か困難なことがあっても頑張ってきたのが大人。ニコニコ食事をしているから気持ちもニコニコとは限らない。治療が順調でも不安です、そして順調じゃない時はもっともっと不安になります。妻は「常に不安」なんだということを頭に置いて話を聞いてみてください。

妻の顔を見ている?

読心術~相手の仕草や表情から感情や考えていることを読み取る技術の事

読心術を身につける必要はありません。「言葉で伝える」ことができるのが人間。
妻の気持ちはなんでしょう。「卵胞が育っていない、もしもこのまま育たなかったらどうしよう」「もう育たないのかもしれない、来月も再来月も育たなかったらどうしよう、子供のいない人生なのかな」って不安が溢れてきます。悲しみ、つらい、怒り、ということもあります。聞かないとわかりません。

「どうしたの?」「元気ないんじゃない?」「今日病院どうだった?」

声がけはなんでも良いです、そんな夫の一言で感情を吐き出しやすい空気がうまれると思うのです。愛する妻の顔を見て、話をしてみてください。付き合ってた当時はきっとさらっと聞いてたよね?「今日、疲れてるんじゃない?病院で何かあった?」この世に疲れてない人なんていないよね。フレーズ使ってください。

で、結局どっちが悪いの?まとめ

「言わなくてもサインを察してよ(男女とも)」・・・は、高橋ジョージさんじゃないけれど、私も無理だと思う。相当目に見えるような行動があれば、例えば床に倒れているとか、家中ぐちゃぐちゃになっているとか。でもそれはもう末期状態。その前にズレやら溝を埋めたいならば、言葉で伝えることを2人が意識していきたい。

高橋ジョージさんは気づかないよ、と言い張り
つちやさんは気づいてよ、と言い張り
だからお二人とも離婚になったんですよね。

言わないから聞かない、聞かないから言わないでは、何も始まりませんよね。妊活中は通院したり体温チェックをしたりそもそも片方だけに負担がかかります。その関係にズレが生じないわけないんです。それは半年は大丈夫だったとして、1年、2年積み重なると大きなズレになっちゃうの。気を付けないとあっという間。

妊活って自分の努力ではどうにもならないことに向き合っているでしょ、精子の運動率とか、卵胞の発育や内膜の厚さとか、身体のことって念じても思い通りになりません。それに比べて夫婦の関係は2人の努力でどうにかできる。言葉を交わすことでどうにかできる唯一のことです!

ファイト。

コウノトリの会 お知らせ

妊活中の当事者だけ語るコウノトリの会を月に1度開催中♪
≫ 詳しくはコウノトリこころの相談室へ
3月は「妊活やめどき会」です。

はじめての不妊治療

はじめての不妊治療の方に向けて、「不妊治療とは」「セルフチェック」「不妊治療の流れ」「治療方法」「運命の病院に出会う5つのコツ」「初めて体験」「パートナー(男性)の不妊について」「不妊治療用語集」をまとめました。

特定不妊治療費 助成金情報


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.