皆さんの不妊治療体験談

顕微授精、3度目の移植で妊娠「子授け神社やパワースポットめぐりもしました。できるだけポジティブに、楽しみながら治療したのがよかったのかもしれません。」

35歳で治療を開始し、38歳で出産したE・Yさん。妊娠に良いといわれることはできるだけ取り入れて、子授け神社やパワースポットめぐりなどで気分転換をはかりながら治療を続けました。

―― 治療をはじめるきっかけを教えてください。

33歳の時に結婚、その後2年たっても妊娠しませんでした。2年間妊娠しない場合は、“不妊”だと知っていましたし、お互い早く子どもが欲しかったので35歳で病院デビューしました。
主人の同僚のご夫婦もなかなか子どもができず、病院へ行くとすぐに妊娠したという話を聞いたので、わりと軽い気持ちで通い始めたんです。それこそ内科や歯科に行く様な気持ちで。通えばすぐに妊娠すると思っていたので、「これで子どもを授かれる!」という楽しみが大きく、ワクワクしていました。


―― 病院ではどんな治療をされたのでしょうか。

まずは、いろいろな検査をしながらタイミング療法。その後の検査で、男性不妊が分かり人工授精を3~4回しましたが、途中で先生から体外受精を視野に入れてみてはどうか?と話があり、体外受精へステップアップ。

精子運動率が悪いため、体外受精ではなく顕微授精となり、3回目の移植で妊娠判定をいただき、38歳で出産しました。


―― 治療、不安に感じる点はありましたか?

主人に「採卵は3回まで。それでできなかったらあきらめよう」と言われていたので、「妊娠できなかったらどうしよう。あきらめられるだろうか」と、そればかりを考えていました。
主人は治療に対して積極的ではなかったですが、原因が自分にあることがわかっていたので、必要であれば病院に行ってくれましたし、協力的ではありました。

―― 不妊治療を続けていて、一番つらかったのはどんなことですか?

2回目の移植が陰性だったときが一番つらかったです。
「病院へ行けば妊娠する!」と軽い気持ちで通院し始めましたから、なかなかできないことも不安でしたし、「体外受精までしているのに妊娠できない…」という焦りもあり、心が折れそうでした。また、私の職場は女性だけの部署だったので、治療内容もすべて話し、仕事上でも協力してもらっていましたが、どのくらい治療を続けることになるのか(どのくらい協力してもらうことになるのか)をしっかりと伝えられず、本当に申し訳なかったです。

―― 治療がうまくいかず、落ち込んだときはどうやって気分転換をしていましたか?

主人になぐさめられながら、一晩泣いて気持ちのデトックスをしました。
またネットで体外受精や顕微授精体験者のコメントをみたり、同じように治療をしている人に話を聞いてもらったり、相談したりして、次に向けて情報収集していました。
あと、子授け神社や、パワースポットめぐりもしましたね。
思い出深いのは、沖縄の浜比嘉島にある「アマミチューの墓」と「シルミチュー霊場」。
不妊治療後に妊娠したという知り合いに教えてもらったんですが、ここを訪れたカップルはかなりの高確率で妊娠されていると聞きました。私も大好きな場所です。
あと、群馬県伊香保の「榛名神社(はるなじんじゃ)」。とても空気がきれいで、私には“一番合ってる!何度でも来たい!”と、初めてそんな気持ちになれた場所で、元気をもらって帰った記憶があります。伊香保の温泉は子宝の湯らしく、伊香保に行った年に陽性判定をいただきました。

―― 妊娠・出産できた理由は、何だと思いますか?

あきらめなかったことが一番だと思います。
妊娠に良いといわれたものは、できる限り試しました。男性不妊に良いといわれるサプリや食事を採り、私も血流を良くするために半身浴や、夏でも腹巻をして過ごしました。3回目の移植の日は、“子宮を温めてからがよさそう”と思って、朝早く起きて半身浴をしてから病院に行きました。
また、あまりネガティブにならず、ポジティブに物事を考えるように、楽しみながら治療に向かったこともよかったのかもしれません。通常の妊娠では経験できない治療方法を体験するのも、私にとっては楽しみながらでした(笑)。


―― 妊娠するために、心がけていたことはありますか?

体を冷やさないための腹巻や靴下、血流を上げるための半身浴。通勤時は駅までウォーキングしました。
また、ざくろエキスを飲んだり、亜鉛を多く含んだ食事や、抗酸化作用のある野菜を意識してとりました。月1回は整体に行き、体のメンテナンスもしました。


―― これから治療を始めようとしている方に、メッセージがあればお願いします。

年齢を重ねるほど妊娠力はさがってしまうので、子どもが欲しいと思ったら、まずは病院に行って、検査だけでもしてほしいです。
私は病院へ行くまで2年待ってしまいましたが、もっと早く通っていれば、早く妊娠していたかもしれないし、顕微授精ではなく人工授精でも妊娠できたかも…と思います。
とにかくあきらめないで、後悔しない治療方法、妊活をして欲しいなと思います。


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.