特定不妊治療費助成金情報|よく「不妊治療費は高い」といわれますが、体外受精や顕微授精などの不妊治療には治療費助成金制度があることを知っていますか?都道府県や市などの自治体で行っている不妊治療助成金事業をぜひ利用しましょう。

都道府県別助成金情報

お住まいの地域での不妊治療助成金を確認しましょう。都道府県を選択してください。

都道府県

不妊治療助成金を申請しよう

不妊治療助成金を申請しよう

体外受精などの高度生殖医療(ART)をはじめ、不妊治療では保険が使えず高額な医療費になることがあり、その費用は不妊に苦しむ夫婦に重くのしかかります。
そこで、都道府県や市などの自治体で行っている不妊治療助成金事業をぜひ利用しましょう。治療費全額とはいかないまでも、多少の金銭的な補助があれば心の余裕も生まれてくるはず。申請方法などは自治体によって異なりますので、直接問い合わせてみましょう。


特定不妊治療費助成事業

特定不妊治療費助成事業

1年度あたり1回15万円までを2回(初年度は3回)まで、通算5年(通算10回まで)支給されます。ただし、凍結した胚による胚移植(採卵を伴わないもの)の場合と、採卵したものの卵が得られない、または状態の良い卵が得られないために中止した場合は、助成額の1回の上限が7.5万円になります。
(その他の治療については、15万円が助成額の上限)
さらに、平成26年4月1日以降の治療費助成については年齢制限が設けられることになりました。
平成26年4月1日~28年3月31日までの治療については、39歳以下は通算6回まで(期間制限なし)、40歳以上は通算5回まで(初年度は3回まで)に。
平成28年4月1日からは、39歳以下は通算6回まで(期間制限なし)、40歳~42歳は通算3回まで(期間制限なし)、43歳以上は助成を受けることができなくなる見込みです。
助成金を受け取るためには、お住まいの自治体への申請が必要になり、申請の方法や期間などは各自治体によって異なるので、治療を受ける予定がある方は早めに確認をしましょう。


特定不妊治療費助成事業

特定不妊治療費助成事業

特定不妊治療費助成事業

対象となる方 体外受精及び顕微鏡受精などの特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがない、または極めて少ないと医師に判断された法律上婚姻している夫婦、夫婦合算所得が730万円未満、申請の時点で夫婦の両方または一方の住所が助成を受ける地域であることなどが挙げられます。しかし、こちらも各自治体によって条件が違う場合がありますので、事前に確認しましょう。
申請方法 特定不妊治療終了後に申請資料(治療支援事業の申請書、治療支援事業の受診証明書、住民票など)をそろえ、各自治体の担当窓口へ提出します。
申請期限 当該年度内の場合が多いですが、自治体によって期限が変わってきますので申請前に確認しましょう。

各自治体の制度

各自治体の制度

国や県の助成制度のほかにも、市町村などの自治体が独自で支援を行っている場合があります。条件に合った方であれば「特定不妊治療費助成事業」に上乗せした金額が支給されたり、助成を受けにくい一般不妊治療(タイミング法、ホルモン治療、人工授精など)に対しても自己負担額の2分の1以内で一年度につき上限5万円などの助成を受けられたりしますので、お住まいの自治体の助成制度について調べてみることをオススメします。


対象となる方 国や県の「特定不妊治療費助成事業」の条件とほぼ同じですが、その「特定不妊治療費助成事業」を受けていることが必須条件になることが多いです。
申請方法 「特定不妊治療費助成事業」の申請に必要な書類に加え、「特定不妊治療費助成事業」の“承認決定通知書”が必要になります。申請書類をそろえ、担当窓口へ提出しましょう。
申請期限 「特定不妊治療費助成事業」と同じく、当該年度内の場合が多いですが自治体によって期限が変わってきますので申請前に必ず確認しましょう。

各自治体の制度

病院で申請書をもらいました!!

体外受精をしていた頃、友人から不妊治療に助成制度があることを聞いて申請することに。病院の受付の方に聞いたところ、申請書や説明書を持ってきてくれました。その後、病院でもらった申請書と領収書原本、病院側に記入してもらう治療証明書(証明書の発行は2週間くらいかかり有料です)、区役所でもらった住民票、夫婦2人分の所得証明書(専業主婦でも必要らしい)、預金通帳、口座印など、必要な書類等を持って保健福祉センターへ。あとは担当係の方の指示に従って申請完了! 申請から振込みまでは2カ月はかかると言われていましたが、実際に振り込まれたのは申請から1カ月半くらいでした。

(静岡県・由美さん・31歳)

助成制度は不妊に悩む夫婦の強い味方です!!

病院に発行してもらった不妊治療の実施証明書や、その他の必要書類を持って保健所で申請。書類に不備がないかと不安でしたが問題なく受理され、約1週間ほどで支給決定通知書が届きました。助成金の口座振り込みはそこからさらに2週間ほど後でしたので、申請から支給までだいたい1カ月くらいでしょうか。ちなみに助成額は東京都から15万円、区から30万円の計45万円。治療に90万円ほどかかっていたので、非常にありがたかったです。

(東京都・カオリさん・36歳)


2016/1/31までにご登録いただいた方に、もれなく差し上げます!!

クリニック、漢方薬局・薬店、治療院、子宝スポット検索

不妊治療クリニック検索漢方薬局・薬店検索治療院検索子宝スポット検索

地域別助成金情報

はじめての不妊治療

はじめての不妊治療の方に向けて、「不妊治療とは」「セルフチェック」「不妊治療の流れ」「治療方法」「運命の病院に出会う5つのコツ」「初めて体験」「パートナー(男性)の不妊について」「不妊治療用語集」をまとめました。


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2016 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.