特別な材料は必要なし!授かり薬膳

特別な材料は必要なし!授かり薬膳

手軽にできる薬膳で、授かりやすい体になりましょう

いつも私たちが口にしている、ご飯や野菜や肉・魚。薬膳ではこれらの食材にはそれぞれに薬効があり、この薬効をもとに食材を組み合わせて摂ることで、健康な体になろうとするのが薬膳の考え方。中医学の理論にもとづいた料理ですが、特別な食材や技術は必要なありません。中医学の知識を少しずつ学びながら、薬膳で妊娠しやすい体をめざしましょう。

中医学の基礎知識

中医学では、人間の体は「気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)」から成っていると考えます。
この3つが過不足なくあって、滞ることなくめぐっている状態が、健康です。

しかし、どれかが足りない、
もしくは滞ってしまうと、妊娠にも悪影響があります。

「気」が足りない・滞る 高温期が維持できない、切迫早産になりやすい、卵子に栄養がいきにくい、卵子の育ちが悪い、など。
「血」が足りない・滞る 月経期間が短くなる、内膜が薄くなる、卵子の育ちが悪い、月経期に基礎体温が下がりにくくなる、など。
「津液」が滞る 津液の流れが悪かったり代謝が悪いと、むくみがでる。むくみがあると「気」や「血」の流れが悪くなる、ホルモンの流れが悪くなりホルモン値が低下する、など。

瀧本靖子先生

瀧本靖子先生

中国医学研究家、国際中医師、国際薬膳師、日本薬膳師、管理栄養士、オールアバウトガイド、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。実践女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業後、漢方と食事で病気の治療をする病院の食養内科に勤務。その後、老人福祉施設で管理栄養士として勤務。その頃、中医学のおもしろさに魅了され、中医学、薬膳を学ぶ。2005年4月に横浜・青葉台で「薬膳料理レストラン心味」を開店。2006年より「薬膳教室心味」をスタートさせる。

薬膳料理教室 心味
http://www.yakuzen-cocomi.com/

調理アシスタント:日本薬膳師
http://yakuzen-jissengakuin.jp/license


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.