スペシャルインタビュー

[回徳堂薬局]それぞれの人に応じたオーダーメードの働きかけで卵巣や子宮を元気にして、妊娠しやすい身体づくりに。

回徳堂薬局店長 山下 説子さん

店長 山下 説子さん

薬剤師。1980年開業。
伝統漢方研究会にて医療気功の一つ、糸練功を用いて漢方薬を決定していくことを学び、上海気功研究所にて医療気功を修得。
不妊に関しての論文発表なども。
長年にわたる不妊相談での経験が豊富。不妊から出産、授乳期まで、トータルにサポートする。


妊娠のメカニズムを知って、理想的な環境に整える

―― 妊活中の人にとって、関心の高い漢方。妊活には、どういいのでしょうか?

妊活での漢方は、妊娠のメカニズムに沿って、卵巣がよい卵子を育て、また子宮の内膜が本来の力を発揮できるように整えていきます。血流がよく、あたたかい卵巣や子宮の環境をつくることが何よりも大切と考えています。

―― 生理の様子など、日常的な体のサインも大事な情報と言われていますが?

漢方では、日頃の月経や生活の中にも健康を見極めるサインが現れていると考えます。例えば、生理痛は貧血や血流が悪い状態で起こりやすくなります。また、子宮筋腫などがあると経血に血の塊がふえたり、色調も暗くなります。排卵期の「おりもの」の量も大切なサインです。
カウンセリングでは、これらを丁寧に伺い、舌の状態をみる舌診などとあわせて、その人の体質をとらえて、基本となる漢方薬をお選びしております。さらに、全体の体温が低い、低温期が長い、排卵の周期が乱れている、高温期の日数が短いなどの個別の症状に応じた漢方薬をプラスします。
このように、一人ひとりの状況に応じた処方ができるのが、漢方の魅力です。


―― 日常生活のアドバイスもしているそうですね。

漢方薬と同時に、生活のアドバイスも行ないます。疲れやストレスは月経ホルモンの指令塔である脳の視床下部に影響するので、夜型生活を見直して睡眠不足を避け、冷えから身体を守るために、冷たい飲みものや南国の果物などは注意しましょう。

身体を元気にすれば、おのずと精子や卵子も元気になっていきます。妊娠から出産後のケア、授乳など、体調管理の継続も漢方がサポートします。ぜひ、お気軽にご相談ください。


基本情報

回徳堂薬局

住所 神奈川県横浜市港北区綱島東2-1-5
アクセス ●東急東横線「綱島駅」北口より徒歩1分
電話番号 045-543-3227
HP http://www.kaitokudo.net/

営業時間

曜日・時間
10:00~13:00 × × ×
15:00~18:00 × × ×

※時間は不妊相談のお時間です。


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.