神戸蘭子さんの「ポジティブ妊活」

第2回

ピルを始めて、すべて解決!?

友達からピルのことを聞いて……

20代は、自分の体調のことはほとんど気にしていなかったんですけど、心のどこかで“子どもができにくい”と言われたことは、少しひっかかっていたんですね。
ある日、お友達と話していたら「生理周期を整えてくれるピルっていうものがいいらしい」って聞いたんです。女の子同士の浅はかな知識ではあるんですが(笑)、私はそういうものがあることを、そこで初めて知ったんですね。そんなにいいものがあるなら、病院に行くタイミングがあれば、ぜひ先生に聞いてみようと思いました。
ただ、その頃には芸能界でお仕事をしていたので、病院探しから始めないといけないし、できれば女医さんに診てもらいたいという希望もあって、腰が重くなってしまい……。気になってはいたものの、なかなか行動に移せませんでした。

ピルを飲み始めて、すごく快適に

27~28歳の頃、子宮頸がんの予防接種が話題になったことがありました。
それで、あるお友達が「一緒に婦人科へ行こう」って誘ってくれたんです。そこでようやく婦人科へ行きました。人生で2回目の婦人科です。もちろん、ピルについても相談しました。
「生理不順にも良いし、生理痛は軽くなるし、生理前のイライラも和らぐからいいですよ」と先生に聞いて、その頃、生理前のイライラもひどかったので、「だったら飲んだほうがいい」ということで、ピルを始めることにしたんです。
友達から「ピルは最初は少し気持ち悪くなるよ」って聞いていて、確かに少し気持ち悪くなりました。でも、続けるうちにそれもなくなって、すごく快適に!体の不調がすべて改善されて「ピルってすごい!」って思いました。

私のホルモンバランスはバッチリ!

ピルを飲むことで、昔から悩まされていた生理不順も治って定期的にくるようになったし、生理前のイライラもなくなって、「私のホルモンバランスはバッチリ!」と思うようになったんです。
さらに、以前子宮頸がん検査で引っかかったことがあったので、3ヵ月に1回くらいは婦人科で診てもらっていたんですね。そのたびにピルについても聞いて、自分の体調についても相談して。
ピルを始めて、生理は定期的にくるようになり、生理前のイライラはなくなり、さらに婦人科も定期的に受診している。もう女性として完璧でしょう?かつてなかなか婦人科へ足が向かなかった自分が嘘みたい(笑)。
先生からも「きちんと定期的に通ってくれるから、神戸さんは良い患者さんですね」って褒められたりして(笑)自分の体にすごく自信がありました。だから昔の診断された「無排卵月経」も治った、生理不順は克服した!と思っていたんです。
体調バッチリにはなりましたが、結婚を考えるようになって、かつて「子どもができにくい」と言われたことは、やはり少し引っかかっていました。
当時お付き合いしていた夫に「昔、こう言われたことがあるんだよね」と伝えてはいましたが、私が定期的に婦人科で診てもらっていることも知っていたので、夫は気にはしていなかったと思います。もちろん、私もあまり気にしていませんでした。
結婚することになって、ピルをやめたんですが、予想外の出来事が待っていました。
それはまた次回、お話します。


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.