神戸蘭子さんの「ポジティブ妊活」

第6回

妊活をふりかえって…そして2人目へ

なんとなく、私は妊娠できる!って信じてました

今、ふりかえって思うのは、20歳くらいの頃に婦人科へ行って以降は、27歳くらいまで一度も行かなかったので、もう少し定期的に行っておけばよかったのかなということ。でも、その頃は今すぐ子どもが欲しいとは思っていなかったし、そうなるとしばらく様子を見ましょうって診断されるかもしれないと考えると、行かなくても同じだったかなとも思うし…。
ただ、“自分の体は完璧だ!”と信じすぎている部分はあったので、もうちょっと知識があったら違っていたのかな。ちょっと思い込みが激しかったのかもしれないですね(笑)。
妊活中は生理がくるたびに落ち込んでましたけど、でも深刻に悩んだのって、だめだった日と次の日の2日間くらいなんです(笑)。だから、「大丈夫、妊娠できる!」って気軽に考えられる段階で、妊娠できたのかもしれません。治療がステップアップしていたら、もっと深刻になっていたのかな…。
ただ、なんとなく、「絶対大丈夫。私は妊娠できる」って信じている部分はありました。期待しすぎると落ち込んじゃうから、そういう気持ちはできるだけ抑えていましたが、来月の予定を決めるときも、心の中では「この頃には実は妊娠してるかも?」と考えてみたり(笑)。もともと、あっけらかんとした性格なので、あまり深刻になりすぎないのもよかったのかもしれません。

夫に響いてなくても、とにかく話す(笑)

あとは、つらかったことは夫に話していました。夫には響いていなかったかもしれないけど(笑)、女性はしゃべることで発散できますよね。だから、夫にはいろんなことを話していたように思います。夫は覚えていないんでしょうけど、私は分かってもらってるつもりでした(笑)。
同じような悩みを持つ友だちがいたのも、心強かったです。お互いに愚痴ったり、情報交換したり、励みになりました。
私の場合、ストレスをできるだけ排除した環境を整えられたのが、よかったんだと思います。労力は使いましたけど、いろいろなことから開放されて別人になれたというか、穏やかになりました。気持ちの焦りもなくなったような気がします。

今は2人目について考えています

以前の妊活中は、ダメだったときにアルコールを飲んでストレス発散していましたが、今はほとんど飲まなくなりました。子どもがいるから早起きだし、1日3食しっかり食べているし。昔の私からしたら信じられないですね(笑)。睡眠不足はありますけど、すごく健康的な生活を送っています。子どもも1歳を過ぎたので、今は2人目を考え始めているところ。
1人目の妊娠に苦労すると、2人目はすぐできるという話も聞くけど、でも逆もありますよね。だから、わりと早い時期に授乳をやめました。そもそも、本人に執着がなかったんですけどね(笑)。「そろそろやめようかな」ってつぶやいたら、おっぱいに寄ってこなくなっちゃって。さみしかったんですけど、すんなりやめられました。
授乳をやめたら、生理がきたので、まずは基礎体温を測ることから始めようかなと思い、ちょうど昨日、しまっていた基礎体温計をだしたんです。病院もこれまで通っていたのは健診の先生だったので、次は最初から不妊専門の病院へ行こうかと考えています。出産した病院に不妊外来があるので、そちらに話を聞きに行くのもいいかもしれないですね。
ただ、夫に「また病院へ行かないといけないかも」って言ったら、「産み分けの相談ができる病院へ行った方がいいんじゃない?」って言われたんですよ。ひとごとですよね、自分は行かないから(笑)。

次回は、読者からの質問に答えていただきます。


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.