神戸蘭子さんの「ポジティブ妊活」

第7回

ストレス解消法は?&体外受精へのステップアップは考えていた?

神戸さんに読者からの質問に答えていただきました。

Q:妊活中、ストレスがたまったり、落ち込んだりしたときは、どうやって気分を変えていましたか?

私は趣味がバレエで、3歳から18歳までは週3くらいで習っていたんですね。
上京して勉強や仕事が忙しくなってしばらくやってなかったんですが、その頃の体に戻りたいなと思って、また再開させて。出産する2週間前まで踊っていました。出産する3日前も行こうと思ってたけど、さすがに…と思ってお休みしたんですけどね(笑)。
週2回、1回1時間半くらいのレッスンなんですが、その踊っている時間で、嫌なことは全部忘れられたように思います。妊活の一環でヨガをしている人も多いと思うんですが、ヨガがリラックスするものだとすれば、バレエはどちらかといえば筋トレに近い感じ。全身を使うから、終わったら汗だくなんです。見た目は優雅に見えますけど、踊っている本人の体はバキバキ(笑)。汗をかくのももちろんですが、踊っている間は集中しているから、終わったときはすごく気持ちがいいんですよね。レッスン自体はけっこうしんどいんですけど、気分転換には最適でした。
あとは、お友達とお酒を飲みに行くことですね。妊娠判定でダメだった日とその翌日は、とことん飲んでました。ガッと飲んで忘れて、それから1ヵ月くらいはいつもの生活に戻って、で、またダメだったら飲みに行く!(笑) 私、お酒が強くてエンドレスで飲めちゃうんですよね。お酒を飲むと一人で楽しくなるタイプで、酒癖は悪くないみたいなんですけど、記憶をなくして夫に注意されたことも(笑)。でも、それで精神的にはリセットされていました。
今、子どもがいて規則正しい生活を送っていると、あの頃の生活は幻だったんじゃないかと思います(笑)。

Q:体外受精にステップアップすることは考えていましたか?

私の身近なお友達も不妊治療をしていたんですね。彼女は私よりも先に治療を始めていたので、時々会って情報交換をしたり、愚痴を言い合ったり…。彼女から、体外受精がどんな治療で、どんなことをするかは聞いていたので、うまくいかない期間がもう少し長くなっていたら、私も体外受精にもトライしていたと思います。その彼女も体外受精で妊娠して、つい先日赤ちゃんが生まれました!
夫も体外受精にステップアップすることには、抵抗はなかったんじゃないかな。というのも、私と夫の共通の友人夫妻も、体外受精で2人授かっているんです。夫婦同士で会ったときも、治療の話をざっくばらんと聞いていたので、夫にもある程度の知識はあったと思います。
だから治療自体には全く抵抗はなかったんですが、私が極度の人見知りで(笑)。ステップアップするには転院が必要だったので、そこが一番の大きな壁だったかもしれませんね。


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.