子宝を授かる、風水アドバイス

第8回

こんなパジャマはNGです!

こんにちは。星読み師☆takaです。
前回まで、寝室⇒トイレ⇒玄関と、家のなかのエリアについて論じてきました。
もちろん子宝風水で、いちばんたいせつなのは寝室です。
とくに『寝ること』は、生命エネルギーを高めるために、とても重要な要素だからです。

子宝風水では、パジャマ選びもマストです。
あなたの生命エネルギーを高めるパジャマを着て眠ることで、悪い気を落として、良い気を吸収することができるわけなので、あなどれないアイテムです。
とくに子宝を望む場合、Tシャツやジャージで寝るのはNGです!

パジャマは睡眠前の疲労を和らげてリラックスできる素材が効果的です。これは妊娠だけに限りませんが、リラックスして睡眠をとることでストレスを軽減できるからです。
子宝を望む時は、冷えも大敵です。たとえば青やグレーは、寒色と呼ばれている色彩です。青色やグレーからは、涼しさや寒さも想像できますよね。ですから子宝風水には不向きな色といえるでしょう。

いうまでもなく、ピンクやオレンジといった温かみを連想させる色が、リラックス効果もあり子宝を望む効果をあげられるわけです。
原色よりも淡いパステルトーンで、寝室のインテリアと調和させることによって、さらにリラックス効果を高められるでしょう。

子宝を望む時は、パジャマに襟が付いている方が、より良い運気が入りやすく、リボンはご主人との縁を強める作用があります。
そういう意味で女性は、パジャマよりネグリジェのほうが優れています。

パジャマの色によって、期待できる効果が変わります。
ありきたりですがピンクには、女性らしさや若さのイメージがあります。リラックス効果と女性らしさを兼ねており、良い運気が吸収されやすい色なのです。
赤も悪くありません。赤い色によって血行を促進させますし、情熱やセクシーさをアピールする作用があるからです。とくに排卵日の周辺や「この日!」と決めたタイミングの時には、赤の効果を利用するといいいでしょう。
子宝をのぞむ夫婦にとって、赤はご主人の性欲を増進させる効果が期待できます。ただし赤は、刺激が強いので睡眠の妨げになる場合もありますので、疲れているときには控えてください。

グリーン系は、体の悪い気を放出してくれます。
青やグレーといった寒色は、冷えや低体温、疲労をうながします。一般的に男性のパジャマは青やグレー、モノトーンといった色が多いです。
対策としては、寒色系のパジャマにはチェックか水玉柄を取り入れるのです。
チェック柄というのは『交わり』を連想させます。青やグレー系のパジャマを好む男性には、チェック柄を取り入れたパジャマを選び、マイナス面を補いましょう。

ただし「チェックならなんでもいい」というわけではありません。
単色や2色のもの(シェパード、グラフ、バスケット、ハウンドトゥースなど)ではなく、複雑な色が絡んだタータンやガンクラブ、グレン、バーバリー、アーガイル、タッタソールなどがおすすめです。

また風水では、パジャマの素材によって運気が変わると考えます。
体力・健康面をサポートしてほしいときは、綿やコットンのパジャマがいいでしょう。金運アップを狙うなら、光沢のあるシルクやサテンのパジャマを。
そして子宝風水では、肌触りがよい素材を選ぶことです。
風水でのパジャマは、あなた自身がリラックスできて心地よい素材であること。
そして清潔なパジャマによって、よい運気を吸収するのです。

子宝風水でパジャマを選ぶなら、色や柄、素材だけではなく清潔感にも気を配ります。パジャマは毎日、体からでる悪い気を受け止めます。汚れがあったり、穴があいていたり、しわだらけでは良い気を逃してしまいます。
子宝を望む時期は、とくにパジャマは毎日変えましょう。しわやヨレがない状態にします。起床時に脱いだ時は、足元に脱ぎ捨てたままにならないよう注意してください。

風水では、それぞれの柄は五行(木・火・土・金・水)のいずれかの気を帯びていると考えます。そして方角にも、それぞれ五行のエネルギーを持っています。
北は「水」の気ですし、東と東南は「木」の気です。
南は「火」で、西と西北が「金」になります。
のこりの南西と北東が「土」の気です。
また中央は、とくに強い「土」となります。

パジャマに「柄」を取り入れる際には、そのアイテムを取り入れる方角がたいせつです。まず、あなたがたご夫婦が眠る寝室を、家の中心から見てどの方位か、調べてください。

北の寝室は…水玉かフルーツ柄/NG柄はボーダーとチェック
「金は水を潤す」といいます。なので、北の方角で寝ているご夫婦には、水玉や果物の柄がおすすめです。
さて、「金」の気が強い柄はなんでしょう?
それは金貨をイメージする「丸」です。 風水で「金」の気が強いと言われている柄は、すなわち水玉模様です。また、果物の柄も「金」の気が強く働きます。

東・南東の寝室は…波か雲の柄/NG柄は水玉
「水は木を育てる」と言われていますから、木気である東や南東には、水のアイテムが好ましいでしょう。「水」の気が強い柄はなにかというと、それは水の流れを表現するデザインです。また雲の柄も、水のエネルギーを放っています。水気によって木性が強まれば、夫婦の絆はより強くなります。

南の寝室は…ストライプ柄/NG柄は波や雲
「木は火に尽くす」と考えます。ですから火性である南は「木」の気が強い柄を選びましょう。「木」の気が強いのは、ストライプ柄です。つまり、縦の縞模様ですね。ほかにも、花柄や葉っぱの模様も「木」の気が強い柄です。
いずれも、さわやかな印象を与える柄です。「火」の気である南の方角にこういった柄のアイテムを投入することで美意識や情熱を高めることができます。

南西・北東・中央は…三角形や星柄/NG柄はストライプ
「火は灰になって土に尽くす」と考えますので、土性である南西や北東あるいは中央が寝室なら、「火」の柄を選びましょう。火気が強い柄は「尖がり」です。例えば、三角形や星柄です。ダイヤモンド柄も「火」の気が強いです。
燃え盛る火のように、モチベーションをUPさせてくれます。
とくに南西は「妻」の位置ですから、情交の際には奥さんがリードすると子宝に恵まれやすいでしょう。

西・北西の寝室は…ボーダーとチェック/NG柄は尖ったもの
「土は金を生む」と言われていますから、金性である西・北西の寝室には「土」の要素を選びましょう。土の気が強いのは、ボーダー柄とチェック柄です。横に長いという特徴が、「土」を表しているのです。西や北西の方角に合わせることで金性の効果が高まります。ちなみに西は恋愛運を上げますので、結婚前のふたりの写真を寝室に飾ると効果的です。北西は『主人』をあらわす方位ですから、旦那さんを《上位に立たせる》効果があります。

以上のように、 風水では「人は身に着けるものから運気を吸収する」と考えます。こういった作用を迷信と片付けず、ぜひ取り入れていただければと思います。

風水で変わる!変える!あなたの子宝運


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.