子宝を授かる、風水アドバイス

第11回

大中小3体の招き猫

こんにちは。星読み師☆takaです。

前回のコラムで、「よさそうなジンクスは、素直に信じましょう!」と言いました。つまり自分自身の脳を、良い意味で騙す….つまり、自己暗示にかけるんです。
その年の干支グッズや、自分の干支グッズを身に着けるのも、風水的な観点から見ても効果があると書きました。

そこで今回は、さらに突っ込んで、「置物」の効果を説明します。

市役所とか校長室に、よく動物の剥製がありますよね。
『像』として興味を持たれたり、場所に威厳を持たせたりするのに、とても効果的なのです。
剥製というのは、死んだ動物です。かつて生きていた…そして死んでいる。つまり恒久的な保存処理をしたものであり、生きたものを死んだものにしたもの。死んだのに活き活きとした、まるで生きているようなポージングをしています。製作者と観賞者によって殺されたものが、時間を経過して「生きているようなもの」にされた作品です。
活き活きとしたポーズは、見た者に刺激という快楽を与えます。それは一種の暴力という衝動と、支配力によって閉じ込めた形です。ほんらいの固有の存在が破壊され、なおかつ性格が投影されているものです。これは、おそらく『狂気』と呼んでも差し支えないでしょう。

逆に、ゆるキャラになると、個人の幼少の感情を投影できるわけです。
また現代のキャラクターは「流行」がありますから、古くなったら捨てられます。
しかし剥製は、負の感情を持った宗教的なモチーフです。契約期間がないですし、「捨てる」という気持ちになれません。仏像にも同じような感情がわきますよね。
ですから日本の神道は、神や仏などの像を作らず、呪文を書いた紙を「お札」とし、年末あるいは年始に「どんど焼き」などで燃やしましょう、としたのです。
こうすることで、「心に引っかかりを作らない」「強迫観念を抱かせない」という工夫をしたのです。これが日本人の、自由かつユルい宗教観でもあります。

個人宅に置物を据える場合、いちばんたいせつなことは「宗教的」な要素がないものを選ぶこと。宗教的な要素があると、なにかしら負の感情が湧いてしまうからです。

そこで、ぼくがおススメするのは『猫』です。
猫は、日本の有名キャラクターでも圧倒的な人気を誇っていますよね。あえていうまでもなく…。

ちなみに猫は、十二支に入っておりません。
ネズミ⇒ウシ⇒トラ⇒ウサギ⇒タツ⇒ヘビ⇒ウマ⇒ヒツジ⇒サル⇒トリ⇒イヌ⇒イノシシの順番です。
馴染みの深いイヌとネズミはいますが、ネコはいませんね。その変わり、トラはいますが。
十二支にも宗教的な要素がありますから、2年に渡って飾るのはマイナスの影響があると思います。なので、過去の干支の置物は、なるべく早めに手放すとよいでしょう。

さて。猫が干支に加われなかった理由、それは「中国で干支が出来た時代に猫が居なかったから」とする説があります。

猫はもともとエジプトの動物です。
紀元前5000年以上前の古代エジプトでは神(スフィンクス)として崇められていました。しかし強大な帝国であったので、神としてのシンボルである猫は他国から嫌われる対象だったのです。
そのためエジプトがローマ帝国に滅ぼされた紀元前30年までは、他国で猫が飼われることはなかった、と考えられています。

中国に干支ができた年と、猫が伝わった年を比較してみましょう。

干支の誕生は、紀元前4世紀ごろ。
猫が伝来したのは、紀元前3世紀ごろ。

つまり、干支が誕生した時代の中国に、まだ猫は伝わっていなかった。
ということなので、猫が干支に入っていないのはとうぜんですよね。

ちなみに、お釈迦様(あるいは神様)が十二支を作る際に、ネズミに騙されたネコが約束の一日遅れで到着した…という有名な話があります。が、あれは後世の寓話だとおもいます。

今ではナンバーワン人気のペットとして不動の地位にいる猫ですが、日本の書物に初めて『猫』の文字が出てくるのは奈良時代でした。いまから1200年ほど前です。さらに猫がペットとして飼われるようになったのは江戸時代になってから。それまでは、ネズミを獲る動物くらいの存在でした。

しかし、ある中国の古典に「猫面を洗って耳を過ぎれば即ち客到る」という記述があったのです。招き猫の置物が、千客万来・商売繁盛を願う縁起物として尊重されるようになりました。

招き猫の由来としては、東京世田谷の豪徳寺を筆頭に、全国各地にいわれがあります。なかでも京都の称念寺の『白黒の招き猫』は、白が「福を招く」、黒は「病を防ぐ」として珍重されています。 さらに金猫は「金運を招く」と、こじつけるようになりました。 なお、右手を上げている猫は「銭を招く」、左手を上げている 猫は「客を招く」といわれています。

いつの時代に誰が言ったのか、という明確な記述はありませんが、招き猫は家内安全と商売繁盛のマスコットとして庶民の生活に定着したのです。

有名な伝承を、ひとつ紹介しましょう。
昔、貧乏なお寺がありました。その和尚さんは飼っている猫に毎日のように「檀家をつれて来てくれ」と頼んでいました。するとある日、彦根藩主の井伊直孝の一行がお寺を通りかかったのです。そのとき、その飼っていた猫が手招きするようにお寺に誘い込み、一行がお寺に入ったとたん雷雨になったのです。
雨宿りができ、しかも和尚さんの有難いお経を聞けたと喜んだ井伊直孝は、そのまま檀家になりました。そのお陰で、お寺は繁盛したわけです。
そしてそのお寺を、井伊直孝の戒名からとって『豪徳寺』と改名しました。
可愛がっていた猫が死ぬと、和尚さんは猫の像を建てました。その姿が手招きしているようなので、「猫に招かれると良縁がある」という言い伝えが生まれたようです。

また、猫が顔を洗うときの動作が、手で招いているように見えることから、招き猫になったという説もあります。
ちなみに、右手は「銭招き」、左手は「人招き」といわれます。

さて、いよいよ本題の『子宝招き猫』ですが、色彩心理学の面から見ても、やはりピンク色の招き猫が良いようです。なんと、ありきたりな落ちになってしまいましたが…笑。

さらに効果を上げるには、大中小の3体を同じ場所に置くことをおススメします。大きいサイズは夫、中ぐらいは妻、そして小さいサイズは子どもです。
向かって左に大、右に中、そして中央に小を置いてください。
そのさい気をつけて欲しいのは、右手を上げているのがオス、左手を上げているのがメスと区別します。

分かりやすく整理すると…
右手を上げている大サイズを左に置き、
左手を上げている中サイズを右に置く。
そして中央には、男の子が欲しければ右手を、女の子が欲しければ左手を、それぞれ選んでください。

風水で変わる!変える!あなたの子宝運


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.