子宝を授かる、風水アドバイス

第23回

方位には感情が関わっている

こんにちは。星読み師☆takaこと、中島多加仁です。
気がつけば、このコーナーも残り2回となりました。
今回は、とっておきの活用術をお伝えします。

風水の基本は『家を清潔に保つ』ことから…
もう、耳が痛いほど聞き飽きた言葉だと思います。
あたりまえですが、家の中が汚れていることが、もっとも運気を悪化させるからです。汚いところは悪い運気が溜まります。

「そんなこと、すでに知ってる!掃除はもう、嫌というほどやった!」
なんていう声も聞こえてきそうです。
ということで、今回は、ちょっと変わった側面から風水を考えてみたいと思います。

それは...ずばり『プロの掃除屋さんに、掃除をお願いする』という方法です。

じつは以前、お風呂がカビでどうしようもなくなってしまい、プロの業者さんに掃除をしてもらいました。ついでに洗面所とトイレもお願いしたところ、びっくりするくらいきれいになりました。 トイレも水がたまるところに線がついてしまっていたのですが、なくなっていました。
たしか料金は、3万円ちょっとだったと思います。
しかも掃除のアドバイスまでしてもらえます。それ以後は反省し、以前より掃除するようになりました。

素人の掃除には限界があります。ですから今後も、3年に1回くらいは頼もうと思っています。
プロの手できれいに掃除してもらえば、あと自分でやるのも楽ですよね。
いつも頭の中に風呂場のカビが忘れられず、モヤモヤした状態だったのですが、すっきりしました。
そして先月も、ガスコンロとレンジフードを依頼しました。

ちなみに、もし頼むなら、それなりに名前のとおった信頼できる業者を選んでください。マンションでしたら、管理組合を通して紹介された業者が間違いないですよね。知らない人を家に上げるのですから。

もともとの性格もありますが、望んでいるのに妊娠できないと、女性は神経質になって、小さなことが気になります。
情報に振り回され、精神的にプレッシャーを感じるでしょう。そうなると、免疫力や自然治癒力が低下してしまうので、よりいっそう妊娠しづらい体質になってしまいます。

ということで、ぼくからの提案。それが『人を頼りましょう!』です。
友人や身内と違って、業者さんは赤の他人なので、それほど恥ずかしくありませんよね。
このさい「3万円がもったいない」という考えは、捨ててください。
夫婦で旅行に行ったらそのくらいのお金は飛んでいきます。
それよりも、家のなかが見違えるほどキレイになるんです!

人生のなかで、住居ほど大切な場所はありません。どんなに仕事に恵まれていても、住居が汚れていたら、いずれ仕事運は下がってしまいます。健康だってそうです。いまとくに病気をしていなくても、部屋が汚れていたら、かならずいつか思わぬ病魔に襲われてしまうでしょう。そうでなくても、眼に見えないストレスが、じわじわと心や身体を蝕んでいきます。

以前、たしか第2回目だったと思いますが、「ひとには8つの欲求がある」という話題を紹介しました。じつは、その8つには、それぞれ方位を割り当てることができるんです。

1】快適に暮らしたい⇒東
2】飲食を味わいたい⇒西
3】恐怖や痛みを免れたい⇒南西
4】社会的に認められたい⇒南
5】性的に交わりたい⇒北
6】他人に勝り遅れを取りたくない⇒北西
7】人生を楽しみ長生きしたい⇒北東
8】愛する人を守りたい⇒南東

誰もがこの8種類の欲求で生きているわけですが、8つすべてが手に入るとはかぎりません。それは、持って産まれた性格と、運が影響しているからです。しかし、すべてではないにしろ、限りなく多くの欲求を手に入れることは可能なのです。

それが、この方位の活用です。
家の中心からみて、これらの方位を徹底して《リニューアル》するのです。つまり掃除だけでなく、壁紙や絨毯がはがれていたら、リペアするのです。塗装が剥げていたら塗り直すのです。

すべての方位を清潔に保つことは難しいでしょう。不要品を置くスペースも必要だからです。なので、この8つの方位のうち、どこかひとつを捨てるのです。それは、あなたがたご夫婦の、共通した認識におまかせします。

「この運はいいや」と感じた方位を不用品置き場にする。そして、その他の方位を、徹底的に清潔にするのです。もちろんお金も時間もかかりますから、前もってよく話し合い、じっくり計画するといいでしょう。急がないこと。ゆっくり時間をかけて、すこしずつ手をかけるんです。それには『順序』も大事ですよね。欲求の順序を夫婦で見直すのです。

ここで、さらに『8つのマイナス感情』を紹介します。
前もって申し上げると、その8つの感情にも、それぞれ方位が存在します。

1】傲慢⇒北西
2】優越感⇒南
3】罪悪感⇒南西
4】恥ずかしさ⇒北
5】恨み⇒北東
6】嫉妬⇒西
7】あわれみ⇒南東
8】軽蔑⇒東

この8つです。

人間は感情の生き物です。
そして方位と感情は、とても親密な関係なのです。

風水の達人になると、家をみただけで住人の性格が分かったりします。
家には、住んでいる人の精神状態や問題点が顕著に現れるからです。逆に言うと、住んでいる家の間取りやデザインが、住人の性格に影響を与え、仕事運・財運・健康運などを大きく左右させるわけです。

方位には、人間の感情がダイレクトに影響しますが、それは『物』によってもたらされます。
たとえば、子供に恵まれなかった人の荷物が入っていると、さらに運が落ちてしまいます。逆に、子宝に恵まれた人からの贈り物は、福を呼んでくれます。

写真もそうです。手紙や年賀状なども、同じ影響があります。
ですから、他人の写真や手紙、年賀状なども、すべて整理しましょう。
目的は「子宝」ですから、子宝運のいい家庭の写真や手紙だけキレイにファイリングして、それ以外は処分してしまうのです。

さくっと捨てられる人は、薄情に感じますか?
たしかに、何でもかんでもサクサク捨てる人は、情が薄いように思えますよね。
しかし、実際は違うんです。薄情などではなく、執着を捨てることができる人なのです。

反対に「物が捨てられない」人というのは、執着が強いんですね。
物をためこんでしまい、なかなか捨てられない人の共通点は、心に不安があるということです。心が不安定で寂しい感情が強いため、身の回りの物に愛情を感じやすくなるのです。捨てることに抵抗を感じやすいわけです。

捨てるときに「物がかわいそう」に思えたり、「捨てたら自分の部屋らしくなくなる」と考える人は、散らかっている部屋に安らぎや居心地の良さを感じるため、どんどん散らかしてしまいます。

物を集めることで、優越感にひたってしまう人もいます。
生活して自然にたまるのではなく、自分が努力して集めたものをためこむため、捨てることに苦痛を感じやすくなります。このタイプは、物をためることが一種のプライドになっている。物をためることで優越感に浸っているので、捨てると不安に襲われるわけです。

物をためこんでいる人の中には、「自分が物をためている」ことに気づけない人もいます。片づけられない自分に対して不快感が強すぎるため、「見えなかったことにしよう」と思い込んで暗示にかかっているからです。
このタイプは、現実に意識が向けられないので、物が多いと指摘しても、「それほどでもない」とか「これが普通」だと反論してきます。

ゴミ屋敷までいくと完全に病気ですが、その手前の状態で悩んでいる人は多いんです。仕事が忙しすぎて、片付けができない。趣味が多すぎて、物が増えていく。まぁ、いろいろ言い分はあるでしょう。
そういう時こそ、さきほどの『8つの欲求』と『8つのマイナス感情』を思い出してみてください。その方位が物で溢れていたり、長年の汚れが付着しているだけで『欲求』は手に入らなくなり、『マイナス感情』は助長されていくのです。

はたして、そういう家庭に赤ちゃんが授かったとして、しあわせは増幅するでしょうか?
いえ、おそらく、赤ちゃんが生まれることで、さらに部屋は汚れてしまうでしょう。

部屋が片付かないのは、じつは性格のせいではないんです。
心の満足度がひくい…これが、もっとも強い原因なのです。

子作りには、夫婦間のコミュニケーションがとても大事です。
もし子作りをするために性行為が義務や作業になっていたら、無意識にストレスになってしまいます。子作りのストレスは時に女性を不妊にし、男性をEDにさせてしまうことだってあります。
子作りがストレスになってしまう夫婦は、パートナーへの信頼が弱くなってしまうのです。「早く妊娠したい」という気持ちが空回りすることで、気分が浮き沈みして、それがもとで夫婦関係が悪くなったら意味がありませんよね。

風水とは、人と人との関係をゆるやかにして、温かい家庭を作るのが目的なのです。夫婦間のコミュニケーションを積極的に増やし、楽しい子作りをするためにも、妊娠したばかりの夫婦や、赤ちゃんが生まれたばかりの夫婦と仲良くすることは効果が高いのです。

嫉妬や罪悪感なども、風水によって解決できます。
いろいろ奥が深いのが風水です。
かりに初心者でも、風水を取り入れることで生活が楽しくなります。
ぜひ実践してみてください。そして、ご夫婦で協力し合って、ほんとうの幸せな家庭をつくりましょう。

風水で変わる!変える!あなたの子宝運


『妊活』の商標は株式会社メルクセローノが保持しています|Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.