専門家Q&A(体験談)赤星ポテ子さん|妊活応援なび

妊活応援なび

専門家Q&A

2回の体外受精・9回の顕微授精で妊娠

同じ境遇の友だちがいたから、治療を続けることができたんだと思います


赤星ポテ子さん
(イラストレーター)

雑誌「赤ちゃんが欲しい」で妊活エッセイマンガを描くなどイラストレーターとして活躍する赤星ポテ子さん。結婚前に子宮体がんが発覚し、結婚後、2回の体外受精・9回の顕微授精を経て、32歳のときに待望の第一子となる男の子を出産!そこで妊娠までの道のりについて、ポテ子さんにふりかえってもらいました。

結婚前に子宮体がんが見つかり治療をされたそうですね。

27歳のとき、生理が3ヶ月ほどこなくて婦人科へ行ったんです。漢方を処方されたりしましたが改善せず、徹底して調べてみようということに。子宮内膜掻爬(しきゅうないまくそうは:子宮内膜を麻酔下でかきだす手術)を行ったところ、初期の子宮体がんが見つかりました。

子宮体がんの場合、本来なら初期でも子宮摘出が望ましいようなんですが、私が若いこと、子どもが欲しいということで、ホルモン療法を行いました。治療は薬を飲むだけだったんですが、検査のために2ヶ月に1度くらい子宮内膜掻爬をしていたので、身体的な負担が大きかったですね。

不妊治療を始めたきっかけは?

ホルモン療法は7割の確率で再発するといわれていて、私も1度再発したんです。ただし妊娠・出産するとホルモンバランスが整うことがあるそうで、医師から不妊治療を始めるようにすすめられました。いずれ子どもは欲しいなとは思っていたので、それで不妊治療を開始したんです。病院でおすすめのクリニックを教えてもらって、そこに通い始めました。

どんな治療をされたんですか?

1回だけタイミング療法をして、すぐ体外受精へステップアップしました。体外受精に対する抵抗はほとんどなかったですね。昔から生理不順だったこともあって、体外受精なら私もまだ若いから、すぐ妊娠できると思ったし、多少お金がかかっても早く確実な方法でやりたいと思いました。結果的にはうまくいかなかったんですが(笑)。

その後、転院されたそうですね。

はい、治療方針や考え方が合わないように感じたんです。転院先は、通う前に、子宮頸がん検診で診察してもらって、医師の雰囲気などを確かめてから決めました。

転院したクリニックでは最初から顕微授精でしたが、なかなかうまくいきませんでした。5回目もだめだったときは落ち込みましたね。体外受精をしている人の90%以上が5回までで妊娠しているということを知って、この若さ(当時30歳)で5回やってもだめなのはおかしいって思って……。

それでも続けられたのは、オフ会で知り合った友達の存在が大きいです。その友達は知り合った時ですでに体外受精を10回ほど繰り返していたんですが、彼女が続けていたから私もやり続けられたと思います。友達は20回以上繰り返していたので、私は20回やってだめなら、卵子提供を考えていました。

ご主人はいかがでしたか?

男性は体外受精に対して偏見を持っている場合が多いと思うんですが、夫は特に抵抗なく、一緒にやってくれたのはすごく感謝しています。35歳くらいまでは続けていいんじゃないかと言ってくれたし、体外受精を10回過ぎたあたりからは、卵子提供に対しても前向きに考えてくれるようになりました。

それに、夫がそういう考えになってくれたことで、私はすごくラクになったんです。卵子提供が可能なら、“赤ちゃんを抱けない”という選択肢は消えたと思えました。いつか必ず私はママになれると思うと、気がラクになりましたね。

その後、体外受精2回・顕微授精9回目で初めての陽性判定が出たんですね。

治療を続けていると、不育症の人や流産する人などをたくさん見ていたので、陽性判定が出てもわりと冷静でした。ほっとしたのは、心拍が確認できたとき。その後、安定期入って体調もよくなって、性別が分かってからはとても楽しかったです。妊娠中も特にトラブルもなくて、出産も非常に安産でした。

妊娠するためにしていたことはありますか。

私は運動ってほとんどしたことがなかったんですが、週3回水中ウォーキングをしていました。始めて半年くらいで妊娠したので、効果があったのかな思います。先ほどの、オフ会で知り合った友達は、結局23回目の体外受精で妊娠したんですが、彼女も万歩計をつけて歩くようになって半年くらいで妊娠したと言っていたので、運動は大切なんだと思います。

あとはあまり気にしすぎないこと。治療中って食生活にも神経質になって、私もアルコールやカフェインは摂らないように気をつけていました。でもある時、面倒になってしまって、2週間くらい毎日お酒を飲んだり、卵を移植したあとも毎日コーヒーを飲んでいたんですね。そしたらなんと妊娠! 今ふりかえると、神経質になりすぎて生活を楽しめないのも良くなかったのかなと思います。

これから病院を選ぶ人に、アドバイスはありますか。

クリニックの説明会があればぜひ行ってください!
特に体外受精を考えている人は、説明を聞いた方がいいと思うし、施設の雰囲気もわかります。
あとは不妊治療は長期戦になる場合もあるので、女性側が通院しやすいのはもちろんなんですが、ご主人が通いやすかどうかも大事だと思います。

ページトップへ

「妊活」の商標は株式会社メルクセローノが保持しています
Copyright © 2013-2017 妊活応援なび. ALL RIGHTS RESERVED.